育毛シャンプー選びで避けておいた方がいい成分2つとは?

 

シャンプー,成分

 

シャンプーって色々種類がありますね。

 

育毛を日課とする私はシャンプーを色々試しています。

 

 

ネットや本で育毛をする上で、最も適したシャンプーは?成分は?

 

について調べたこともありましたが、

 

調べるほど、何がいいんだかわからなくなりました笑

 

 

成分解析をしているサイトがよくありますね。

 

成分からそのシャンプーの価値を導き、どれにするべきかを示してくれるようなサイトです。

 

 

確かに良い成分、悪い成分あるでしょうけど、配合量まではわかりませんよね。

 

よくないところもある成分をなぜ配合するか?

 

それなりのメリットがあるからです。

 

悪い影響の危険性も充分考慮して、配合量も抑えているはずです。

 

 

逆に、これなら大丈夫という成分でも、配合量が異常に多かったらどうでしょうか。

 

それなりの悪い影響を及ぼすかもしれません。

 

 

というわけで、成分解析は参考にはしますけど、決め手にはならないんです。

 

最終的には1度試してみるのが確実な話なんですけどね。

 

【それでも避けている成分2つ】

 

ラウリル硫酸

 

ラウレス硫酸

 

の2つです。

 

 

経皮毒が..

 

発ガン性の危険が..

 

の悪評はそれほど気にしてないんです。

 

商品に入ってるこれらの成分の配合量は、しっかりとリスクがないように抑えられているはずです。

 

 

AGA治療クリニックで無料頭髪診断を受けたことがあるんです。

 

その時に洗髪後に頭皮の状態をCCDで見ることができたんです。

 

 

そしたらカサカサの乾燥状態で、まさに頭皮が傷んでいる状態だったんです。

 

素人が見ても、はっきりとわかるほどの傷みようでした。

 

 

原因は家で使っているシャンプーにあることがわかりました。

 

商品名は避けますが、誰でも知っているコンビニなどで買えるシャンプーです。

 

そのシャンプーの主成分はラウレス硫酸でした。

 

 

先生の話によると、市販のシャンプーは洗浄力優先で成分が配合されてるので、

 

人によっては、頭皮が激しく傷んでしまう、ということでした。

 

 

全く気にしてなかったので、CCDで見た傷んでいる自分の頭皮を見て驚きました。

 

先生のすすめで、弱酸性のラウリル硫酸・ラウレス硫酸を含んでいないアミノ酸シャンプーを使用しました。

 

 

そのシャンプーをしばらく使い続け、再びCCDで確認したところ、

 

前の状態とくらべて、明らかによい方に変化していました。

 

 

頭皮が落ち着いている、といった表現があっているでしょうか。

 

カサカサと乾燥して、落ち着きがない頭皮ではなく、

 

落ち着きのある頭皮になっていたんです。

 

 

以来、シャンプーはちょこちょこ変えていますが、

 

弱酸性であることと、この2つの成分は使っていないシャンプー選ぶようにしています。

 

 

現在使用中のチャップアップシャンプーも弱酸性で、この2つの成分も配合されていません。