女性の薄毛に関しての自己体験談。

 

私は薄毛予備軍です。

 

母の祖父が薄毛で、私の骨格や顔つきは祖父とそっくりなんです。

 

まだ完全に薄毛状態ではありませんが、年齢とともに不安は強まります。

 

 

ただ不安に怯えるよりも、育毛という行動を起こすことによって、

 

不安になることを避けられるし、ハゲにならない可能性も強まります。

 

 

このサイトで紹介しているチャップアップシャンプーも、そんな育毛運動を活性化させる1つのアイテムなんです。

 

【女性の薄毛に関して思うところ】

 

女性の薄毛に関しての自己体験談。

 

 

そんな私は男性です。

 

薄毛って男性だけ、高齢になれば女性もあるけど、大概は男の話だと思ってました。

 

しかし、過去に薄毛の若い女性に出会ったことが何回かあります。

 

 

それは意中の女性と親密になり、体に触れた時でした。

 

頭を触ると、何かひっかかる感触があったんです。

 

 

尋ねると、ウィッグだというのです。

 

それはコスプレのためのウィッグではなく、

 

違った髪形を楽しむためのウィッグでもなく、

 

薄毛を隠すためのウィッグでした。

 

 

部分的に薄毛で、それを隠すためにウィッグをしていたのです。

 

全く気づかなかった私はショックでした。

 

 

話を聞くと、ある時期からその部分だけが薄毛になり、ウィッグを使うようになった、ということでした。

 

その彼女とは同棲もしたのですが、薄毛ケアをかなりやっていました。

 

 

実はその彼女以外にも、そういった薄毛の女性と何人かお付き合いしたことがあります。

 

 

結構女性にもいるんです、薄毛に悩んでる人って。

 

 

女性らしさといえば、長くて美しい髪をあげる方もいらっしゃると思います。

 

なので、女性の薄毛は男性よりも深刻なような気がします。

 

 

私はハゲになったら、坊主にしてヒゲを生やそうと思ってます。

 

もしハゲになったら、そういう開き直りの道を決めてるので、薄毛に関しての不安が軽減される部分があります。

 

 

私も薄毛予備軍として、ハゲに不安を覚える時もありますが、

 

女性のそれを思うと、ハゲること、ぐらいにうろたえるな!!!と感じます。

 

 

また、そういった女性に感情が動くのも、もしかして自分が薄毛予備軍で育毛を欠かさない人間だからかな、と思ったりもします。

 

 

可愛い女性はもちろん可愛いですが、

 

可愛くなろうと努力してる女性の姿に目に見えない可愛さを感じます。